こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

解決済みの質問

最近のSEOの傾向とサイトの作り方

こんにちは。
以前SEOで成果を出していたものですが、ペンギン・アップデートの導入などに始まるグーグルの大きな変化の前の話で、ここ最近はSEOからは少し距離を置いていたものです。しかし、新しいサイトを運営する事になり、最近のSEOの傾向を意識してサイト作りをしたいのでここで質問したいと思っています。宜しくお願いします。

質問したいのは主にサイトのテーマとグーグルのその扱いです。以前はテーマに特化したサイトをグーグルは好んでいたように思います。例えば狙うワードが「筋トレ 野球」であれば(今適当に考えたものです)、「筋トレ」のサイトの中の野球に関するコーナーより「筋トレ 野球」に特化したサイトの方が上に上がり易かった、とかそういうものです。そして、「筋トレ 野球」でのロングテールを調べてそれぞれの組み合わせキーワードでページを作っていく、というような事をしていました。この方法で結構上位になるサイトを持っていました。もしくはもう少し大きな「スポーツに関する筋トレ」を大テーマにして、「筋トレ 野球」「筋トレ サッカー」などのサブカテゴリを中テーマとして作ってそれぞれの下にロングテールのキーワードを立てる事もしました。この場合サブカテゴリトップがそれぞれのキーワードで上位に来やすかったです。

しかし、最近自分で検索していると、このようなテーマに一致したサイトトップやカテゴリトップよりも、検索クエリに答える「ページ」をグーグルが好んでいるように思います。そしてそのページには十分情報がなければならないように思います。なので、ロングテールのページをひとつひとつ作ってページ数を増やすより、考えられるロングテールが全部情報として入っているページを(数は少なくとも)作る方が良いように思うのですが、この認識は合ってますでしょうか?

また、上位に来るページは、特にそのページを含むサイトのテーマは以前ほどは重要じゃないようにも感じられるのですが、どうでしょうか?例えば上の例では「筋トレ 野球」で上位に来るページは、以前なら「筋トレ 野球」で特化したサイトのトップとか、「筋トレ」サイトの野球のサブカテゴリなどが多かった(ように思う)のですが、最近ではサイト自体が筋トレに特化してなくても「筋トレ 野球」に関する十分な情報があって、サイト(ドメイン)が強いページであれば上位に来る、つまりサイトテーマは「前ほどは」しっかり考え込まなくても良いように感じるのです。別の言い方をすれば、サイトテーマと離れた内容の記事がたくさんあれば以前は「テーマが薄れるので良くない」と言われたのですが、最近はそんな事もないのではないか、と。

このあたりお考えを聞かせて頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2017-04-26 08:56:02

QNo.9321928

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問の内容について、最近のトレンドの考え方としては正しいです。
ページには十分情報がなければ評価されなくなりました。

また、レスポンシブ対応に加えて、AMP対応が非常に重要視されるようになりましたので、AMP対応は必須です。

投稿日時 - 2017-04-26 10:52:23

お礼

ご回答ありがとうございました。
あまりサイトのテーマとか構成は少なくとも以前よりは気にしなくて良いという理解で取り組みます。

投稿日時 - 2017-04-27 08:16:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-