こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

-広告-

回答受付中の質問

2017年のSEO対策方法って何ですか?

今年に入って一番目立ったフレッドアップデートですが、私のウェブサイトも大きく順位を下げてしまって、今はリカバリー中です。

何が原因なのか分からないのですが、誰か知っている方はおられますか?

SEO対策って本当に難しくて、いつもルールが変更するのでそれに着いていくことで必死です。

もし宜しければ、誰からSEOを学べばいいのかを教えて頂ければなと思います。

インターネットで検索してもどれも同じ情報ばかりで、正直困っています。

私がいつも勉強しているサイトは下記の5つですが、皆さんんはどのようにしてSEOスキルを磨いていますでしょうか?

1:https://ferret-plus.com/2803

2:https://webkikaku.co.jp/blog/seo/seo-study-website/

3:http://seolaboratory.jp/other/2016032930369.php

4:http://xn--seo-kc4b382npcp2e4c.com

5:http://imadokiseo.com/googleseo.html

投稿日時 - 2017-07-11 13:40:03

QNo.9350695

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

ズバリの立場での情報でなく恐縮なのですが、関連意見を送ります。

単なる推察ですが、Google、Yahoo、Seesaa などによる掲示や監視ルールの変更を見張っていないと一番大きく響くほか、ping 系のルール変更も影響するようです。 また、年数経過でも徐々に落ち込む傾向が出てくると感じます。
閲覧数が落ちても、掲示順位に影響してくる作用も相乗するのでしょう。

私の場合は商業記事ではなく時事解説ですが、閲覧を促進するという方向では、商業記事も解説報道も基本は同じと考えています。
記載内容は独自の取材と監修により偏見も無く充実した記事ですが、掲示順位や訪問数は掲示当初から次第に減って来て目下は殆どゼロの状態です。
アフリエイトではないので本格的 SEO は仕掛けてないし仕掛け方も分からないのですが、ping は15件ほど設定していて、これでどうにか上方寄り気味の位置に表示されているようです。

来訪者がほとんどゼロの状態と記事の内容を、単なる参考ですが付記します。
脇欄の最下 [ジャンルランク] の直下、 [数字] だけ部分をクリックすると、1週間分の来訪数が棒グラフで出ます。 上位に表示されず訪問も僅少な例です。
それでも時には来訪数 50件余とか160件余のことあり、僅かでも社会の有益に役立っていると思うので、掲示順位が落ちても悲観しないで励んでいきましょう。

(順位 下落サイトの例)
米軍基地問題『沖縄の米軍基地問題 解決の方向』 http://ctzn25.blog130.fc2.com/
福一原発問題『津波潮流対策と原発の防潮問題 』 http://ctzn28.blog79.fc2.com/
中国領土問題『中国の侵略と南・東シナ海域の保安』 http://ctzn32.blog.fc2.com/
   

投稿日時 - 2017-07-25 11:36:00

ANo.3

SEO対策なんて言わなければいけないなら、よほどサイトが貧しいとしか言いようがありません。

何とかアップデートというのは従来何度もあって、細かいことはともかく、要するにコピペで工夫のない記事とか、検索エンジンに引っかかることだけを考えて内容のない記事を除外するために、工夫を重ねているだけです。

私はいままでそのことで一度も悩んだことがありませんし、自分のページが鳥羽されたなんて言うことも経験したことがありません。

読者がそのサイトが充実していると思い、何度も再訪し、じっくり読んでいたら、アクセス回数および滞在時間は必ず確保されます。SEOなんていうことを考える必要がありません。

SEOというのは、内容がないのに検索順位を上げたいということのために、本来やるべきことを後回しにして小細工を上げる手法のことを普通言います。

もちろん、SEOと言う考え方自体が無駄なものだとは私はいいませんが、SEO対策と言った段階で何のためにもならない無駄なことにしか見えないという思想です。

投稿日時 - 2017-07-11 23:41:22

お礼

凄くSEOに関する見方が変わりました。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-07-12 11:12:37

ANo.2

こんにちわ

フレッドアップデートで順位が落ちたということは、コンテンツの質の影響が高いと思います。

内部施策と外部施策の見直しをきちんと見直した方が良いかと。

日本のSEO情報も充実はしてきました、英語の情報とは情報量が圧倒的に違います。

もし英語に抵抗がないようでしたら、下記のサイトは実践的な内容書いてありますよ。

Hubspot marketing blog
https://blog.hubspot.com/marketing

Matthew Barbyのblog
https://www.matthewbarby.com/

Moz blog
https://moz.com/blog

backlinko
http://backlinko.com/

投稿日時 - 2017-07-11 22:22:37

お礼

Googleトランスレーターで読んでみます。

英語の方がSEOの情報が圧倒的に多いことに大変びっくりしました。

頑張って学んでみます。

投稿日時 - 2017-07-12 11:14:30

ANo.1

wakame352 さん、こんにちは。

このサイトを運営している会社としては何年目なんでしょう。そしてあなたはこの業界に入って何年目なんでしょう。
このサイトの運営さんには料金をどの位、お支払いでしょうか?おそらくサイト運営さんとしてはそれが問題なんだろうなと思う次第です。それから、今年に入って一番目立ったフレッドアップデートですが、そんなにページが落ちてしまったというのは油断以外の何物でもないと思います。

投稿日時 - 2017-07-11 15:57:36

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-