このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像
会社概要

SEOアクセス解析ツール で、自サイトの状況が把握できたら、次は実際にSEO対策を行っていましょう。
SEOTOOLSリファレンスでは、SEO対策を行う上で欠かすことの出来ない用語を解説すると共に、具体的な手順やポイントなどをご紹介致します。

強調タグとは?

強調タグとは、<title>、<meta>、<h1>、<h2>、<h3>など、HTMLの中で重要な項目とされるタグです。 また、<title>、<meta>に関しては、検索結果にそのまま表示されるため、他のタグより記述内容が重要と言えます。 SEO対策では、SEOキーワードをこれらのタグ内に記述することが重要です。
headタグ内に埋め込む「description」「keyword」のメタタグはSEOに特に有効とされています。

「description」タグ

「description」タグとは、サイト紹介(要約)文を、検索エンジン及び検索ユーザーに伝えるメタタグです。 このタグに記述した文章がGoogleの検索一覧のページタイトルの下の説明文として表示されます。

「keyword」タグ

「keyword」タグとは、サイト内の重要なキーワードを検索エンジンに伝えるメタタグです。ブラウザで普通に閲覧することはできませんが、タグ内に上位表示させたいキーワードを含めると、ロボットはそのページのテーマを示す情報として読み取ります。

その効果は?

キーワードを含んだメタタグが記述されていることで、どれだけのSEO効果があるのでしょうか。 SEO効果については軽視されがちで、最近では検索エンジンが無視するという説が支配的なメタタグですが、Yahoo!・Google検索結果ページのうち、上位~下位ページまで、8割強のページがキーワードを含んだメタタグを設置している事実(2009年2月調査)があります。 特に上位ページの実施率は高く、SEO以外のメリットも多いため、この対策の実施を強くお勧めします。



TOPへ戻る