このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像
会社概要

SEOアクセス解析ツール で、自サイトの状況が把握できたら、次は実際にSEO対策を行っていましょう。
SEOTOOLSリファレンスでは、SEO対策を行う上で欠かすことの出来ない用語を解説すると共に、具体的な手順やポイントなどをご紹介致します。

サイト登録とは?

Goolgle,Yahoo!,MSNに代表されるロボット型検索エンジンは、俗にクローラーと呼ばれる自動巡回ロボットにより世界中のあらゆるサイトの情報を読み、記録し、整理しています。

しかし、全世界で1億サイト、800億ページをも超えるWEBの最新情報を網羅するのは、Google、 Yahoo!、MSNの技術力をもってしても非常に困難な作業です。

私たちが、ある日、新しいWEBサイトを作成しアップロードをした事、あるいはある日サイトの1ページを更新した事を検索エンジンに知ってもらうにはどうすればいいのでしょうか?

それはWEBの世界では1億分の1以下の出来事に過ぎず、世界中のネットワークを駆け巡るロボットが、果たして何日後、何週間後に気づきインデックスしてくれるのかは、誰にも把握出来ません。

では、ロボットが巡回するのを指を咥えて待つだけしかないのか、という問題には解決策も示されています。

その一つは「サイト登録フォームの利用」です。(他の方法については、また後ほど追加予定です。)

「サイト登録」、「サイトの推薦」、「ロボット巡回依頼」など、その俗称は様々ですが、要は「検索エンジンロボットに指定のURLをインデックスする様に申込が出来るサービス」です。おおむね数日以内にインデックスしてもらえます。※確実にインデックスされる保証はありません。

ここでポイントなのは、サイト登録により検索エンジンにインデックスされたからといって、それが検索エンジンでの上位表示に直結するわけではないという事実です。

もちろんインデックスされなければ検索結果に表示される事さえありませんが、上位表示を決める要因は、あくまでそのサイトの品質であるため、サイト登録するページには、あらかじめ適切なSEO処置を施しておきましょう。きっと、数日中に順位が好転します。

また、既に開設して月日が経っているサイトも、新たにSEO対策を施した際には、その都度サイト登録を行うとよいでしょう。

Google、Yahoo!、Bingのサイト登録フォーム

Google、Yahoo!、Bingのサイト登録ページをご紹介します。
サイトを立ち上げた際、SEO処置を行った際など、まず登録作業を行われることをお勧めします。

ロボットを呼ぶ前にYahoo!カテゴリ登録をお勧めします

Googleサイト登録
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url
Bingの登録
http://www.bing.com/docs/submit.aspx

ロボットを呼ぶ前にYahoo!カテゴリ登録をお勧めします

Yahoo!の検索エンジンシステムがGoogleに変更されたことから、上記のGoogleへのサイト登録にてYahoo!も反映されると推測できます。



TOPへ戻る