このエントリーをはてなブックマークに追加
SEOTOOLSロゴ画像
会社概要

SEOアクセス解析ツール で、自サイトの状況が把握できたら、次は実際にSEO対策を行っていましょう。
SEOTOOLSリファレンスでは、SEO対策を行う上で欠かすことの出来ない用語を解説すると共に、具体的な手順やポイントなどをご紹介致します。

プレスリリースを利用したSEO

新たなサイトのオープン、新サービスの開始などの際にはプレスリリースを行ってみませんか。
プレスリリースサービスを通じて情報を配信することで、数百を超える媒体へ掲載されます。

ニュースリリースとして、数百媒体へ掲載され注目が集まることはもちろんですが、SEO的な観点から以下のようなメリットがあげられます。

プレスリリースによるメリット
(1) 一時的な集客増(媒体掲載による効果)
(2) 掲載ニュースサイトからの被リンク獲得(リリースページが生成されることによる効果)
(3) 掲載ニュースサイトのネームバリューに応じ、サービスの信頼向上
(4) ユーザからの口コミリンク、ブックマークリンクの増加

無料で大変効果的なマーケティング方法ですが、どれだけの結果に繋がるかは当然リリース情報の質次第になります。

ニュース配信代行業者は多々あり、そのような業者に委託すれば、数千円~数万円の料金で、とても手軽にリリースすることができます。(主要メディア数媒体へのリリースであれば、無料で配信可能なサービスもあります。)
使い方次第で、キャンペーン時の集客から、サイトのブランディングにまで幅広く活用可能です。

もちろん、プレスリリースが成功し、サイトのアクセスが急増したところで、=イコール集客の成功、とはなりません。
プレスリリースの内容に関心を持ち訪れたユーザーの期待値に見合うだけのサービス、コンテンツ、商材が用意されていなければ、せっかくの新規アクセスも取りこぼしに終わるどころか、今後のプレスリリースへの期待値を低下させる結果にも繋がりかねません。

プレスリリース配信代行サービス

おすすめのプレスリリース配信代行サービス

※SEOTOOLS経由のお申込みのみ後払いが可能です。

ValuePress!(バリュープレス)
1配信¥30,000 1000以上の媒体に配信
サービスの詳細はこちらから
Dream News(ドリームニュース)
¥10,500で30日間何度でも配信可能! お申込みはこちらから

その他のプレスリリース配信代行サービス

@PRESS(アットプレス)
2600以上のメディアへ配信可能
http://www.atpress.ne.jp/
News2uリリース(ニューズ・ツー・ユー)
リリースを主要サイトに確実掲載
http://info.news2u.net/
NEWS ON(ニュースオン)
1800を超える有力媒体へ配信
http://www.news-on.jp/
PR TIMES(PRタイムス)
2,300媒体・2,400デスクへ配信
http://prtimes.jp/
PR News(PRニュース)
Twitter、Facebookへも配信
http://prnews.jp/
共同通信PRワイヤー
信頼性・海外配信にも対応
http://prw.kyodonews.jp/

すでにプレスリリース済みのサービスでもコラム記事でPRできます

プレスリリース原稿を元に、最初から記事に採り上げられた形で媒体に配信することが可能です。
※プレスリリース原稿無しでも可

トレンドプレス
iタウンページ・SEOTOOLSを始めとする約30媒体に配信することが可能です。
1回の執筆&配信  >>サービスの詳細はこちら


TOPへ戻る